複雑な業務システム構築に最適なシステム開発プラットフォーム

ExcelからWebシステム(Java)が自動で作れる

Excelシート上で設計するだけで、Webで動作するデータベースと帳票出力をするアプリを自動構築するサービスです

システム自動開発ロボット(E-Labor)を搭載

SaaSForceがExcelを自動分析し、80%の開発を秒速で作り上げます。

単純な業務はシステム化で効率的に処理、拡散したシステムを統合し業務効率を大幅にアップ、社内システムを費用をかけずにどんどんリニュアル、ノンプログラミングで開発費用を大幅に圧縮、プログラム開発工期が大幅に短縮

システム自動開発ロボット(E-Labor)がすべて解決します

業務システム開発のプロセスが大幅に短縮!!

操作動画をYouTubeでご覧いただけます(7分半)

E-Laborサービスが人員に代わり製造業務を実施することにより

  • 日本全土に広がっているIT人材不足、高止まりするシステム構築コスト、長期化する開発期間の課題を解決
  • IT技術者を単純作業からより創造性のある仕事に解放させ、楽しい仕事に就くことができる

さらに、ビジネスパートナー様には・・・

(1)効率的な開発プロジェクトの推進
(2)適正な要員による人件費の低減、利益の確保
(3)要員の適正な配置の実現
(4)エンドユーザ様の顧客満足度向上
 を確保することが可能となります。

    そして、エンドユーザ様には・・・

  • 短期間での業務システム運用を実現
  • 開発プロジェクトにおけるトータル費用の削減

パートナー募集中

詳しくはこちら

ビジネスパートナー様向け教育コースを提供します

    教育内容

  • E-Laborサービスの利用方法
  • Excel設計書の作成ルール及び手順
  • E-Laborに理解してくれる自然言語のポイント及び注意点

自然言語の追加を無償にて対応します

業務システムを構築時に、新しい自然言語の学習サービスを無償で提供します。

このようなお客様はぜひ一度お試しください

エクセルシート(ExcelSheet)では重複管理の無駄があり、帳票出力するまでが面倒

日々時間とコストのロスが発生する業務をシステム化したいが、最適なパッケージソフトがないとお悩みの企業様

システム化したいが、開発のコストと期間がネックになってとお悩みの企業様

売上・仕入れ管理、給与管理、経営分析、収支管理、予約管理、支払管理、問い合わせ管理、日報管理

馴染みのExcelをそのまま活用
・慣れたExcel画面で業務システムの要件を設定。
・入力データの集計や転用も自由。帳票出力やグラフ表示が、ますます便利になります。
・CSV入出力で既存ソフトとの連携や、初期情報の更新はこれまで通り維持できます。
自然言語で分かりやすく、自由に構築可能
・人工知能(AI)の導入で、操作支援機能が自動的に充実してゆきます。
・大量のExcel単票シートから解放されます。
・標準的なデータベース(MYSQLなら無料)を利用したシステムに変身。
AIロボットが自動構築、コストと時間をかけずに実現
・設計されたExcelを取込むだけで、1分もかけずにシステムの確認が可能。
・同じExcelを繰り返し修正・変更・取込んで、ドキュメントと実システムとの一貫性を保持。
・システムの実装のみならず、テストに対しても50%以上のコスト削減を発揮。
柔軟性の高いシステム開発サービス
・機能の追加や変更などの要望を随時対応できます。
・業界にかかわらず、どんな業務システムも自動構築できます。
※1.業務の種類を問わず、多くの手作業の自動化に対応できます。

Excelからシステムを自動的に開発します

step1 クラウド環境の準備(お契約)
・無料トライアルのSaaSForce利用サービスへご申し込みいただきますと、弊社が確認してから利用環境を準備します。準備完了したら、弊社から電話またはメールより連絡いたします。
・本契約でもそのままお使いいただける環境です。
Excelシートの準備
・テンプレートのサンプルなどを参考にして、業務システムの画面、帳票などの情報を準備します。
・人工知能(AI)の導入により操作支援が受けられます。
Excelシートの読み込み
・Excel設計書を取り込むだけで、1分もかけずにシステムの確認ができます。
自動開発したシステムを確認
・機能の追加や確認はstep2からstep4を繰り返すだけで実現できます。
・もちろん別バージョンのシステムも構築できます。

細かい設定は全てSaaSForceにお任せ、開発者はシステムの最適化に、利用者は業務の最適化に専念できます

1.
AI機能を持つ複数の自動化エンジンは、開発内容を分析し、自動化の範囲を広げます。
2.
パワーポイント(PPT)を操作するようにマウス操作だけ自由に画面構築。開発工期を4分の1以上削減可能。
3.
DB操作、環境構築をすべて自動化。テストも減らせ、高い安全性と高品質は多くの事例で実証済み。
4.
業務に欠かせない帳票出力、ファイル連携も単独システム上のパラメータ設定で実現。
5.
基本的な知識ですぐに活用できる直観的なユーザインターフェース(UI)なので、学習コストが掛からない。
6.
非業務機能(ユーザー管理、権限管理、セキュリティポリシー、メール送信機能)を標準で実装済み。
7.
障害分析、品質管理、監査などの管理サポート機能が充実。
8.
テーブル定義書から画面設計書、帳票設計書まで10種類以上の設計書を自動作成して出力。
9.
開発ソースをjsp、xml、javaファイルにexportする機能も提供でき、SaaSForceに依存しない稼働が可能。

大手メインバンク様の資金計画システム

【システム概要】
10年前にVBで開発した資金システムをインフラ更改と同時にWEBシステムにリニューアル
【課題】
・設計書は古く、新規に追加された機能の多くは書類に反映されていない
・開発機能数は300以上。短期間ですべての機能実装が必要
・VBと同様の操作レスポンスが必要
・銀行各拠点・警備・資金センターの同期を取るのが困難

システム開発(プログラミング)工数

開発結果:VBからJavaの変換ツールを活用し、設計着手から運用開始まで12ヵ月。 Windows10に対してもノーコストでスムーズに移行。
運用改善:一括管理を行えるようになったことで、全社での資金予測、関連会社との 資金調達スケジュールの調整が可能となり、1人当たりの1日の平均作業時間が1時間削減、外部連携コストも約半分削減された。

財団法人様のHR日報管理システム

【システム概要】
 VBで開発した日報管理システムのリニューアル
【課題】
・2000年頃作成されたVBシステムで、設計書が残っていない。
・OSバージョンアップに対してVBシステムが動作できなくなる。
・独自仕様(入力整合性チェック)が複雑で画面は40個を超える。
 但し、開発期間の希望は1カ月、予算も限られており請け負う開発ベンダーが見つからない。

従来型開発とSaaSForceによる開発の比較

開発結果:設計着手から実質3週間で開発完了、6週目には本番運用を開始した。

運用改善:200名弱の職員の日報・勤怠・休暇を連動して管理できるようになった。 システムで計画と実績との整合性チェックが実施できるため、行政機関への提出書類作成が簡単になり、不備もなくなった。

大型店舗のECサイト及び買物代行システム

【システム概要】
IoT利用した店舗の買物代行サイト及び管理システム
【課題】
・詳細設計開発テスト期間は実質2ヶ月です。
・商品のI/Fはなかなか確定できません。
・一般購入者向けのtoCサイトのため、デザインが必要です。
・最終納品はSaaSForceのプラットフォームに依存せず利用したい。

【解決方法】
・SaaSForceを利用して短期間で業務ロジックとUIを開発し、ソースジェネレータ機能を利用して出力したJSPとデザイナーが設計したHTMLを統合し、エンドユーザ向けのサイトを構築。
・社内向けの管理画面は、ソースジェネレータ機能を利用してソースを出力して納品。
・SaaSForceのインポート/エクスポート機能を活用し、頻繁な仕様変更も迅速的に対応できた。

IT専門の人材派遣・求人サイト

【システム概要】
IT開発案件とIT技術者のマッチングコンサルティングシステム
【課題】
・一般技術者向けのアプリのため、デザインが必要です。
・AndroidとiOSの利用者を対象にスマートフォンの認証、アプリデータの暗号化、ファイルシェア、チャット機能などデバイスのNative機能を利用する。
・短期間のサービスインが必要です。

【解決方法】
・SaaSForceを利用して業務ロジックとコンサル画面のUIを開発。
・Cordovaを活用し、デザイナーから設計したHTML5とiOS/AndroidのNative機能を融合し短期間で開発・サービスインできた。
・サーバーはDocker Compose+Nginx+Apache+Tomcat+MYSQLで構築し、ユーザ数の増加に素早く対応が可能。

1.ワンダフルフライに開発依頼はできますか?
可能です。弊社のSaaSForceRの開発部門と連携して、より効率的で高品質なシステムを提供できます。また、この場合、開発環境のライセンス購入は不要となります。
2.開発・運用環境は、自社サーバーに構築することが可能でしょうか。
SaaSForceRは、自社サーバー、プライベートクラウド及びパブリッククラウドを自由に選択できます。 企業内のシステムリソースの配置ニーズやクライアント開発の実現ステップに合わせて、オンプレミス、プライベートクラウド及び、パブリッククラウドの運用選択が可能です。
3.モバイルはどのように対応していますか。
モバイルのデータ通信は、暗号化された通信によりデータのやり取りができます。 データも業界標準のJSON形式により受け渡します。 モバイルとのデータやり取りのAPIはSaaSForceに標準実装されています。
4.分散開発、オフショア開発など対応可能ですか。
可能です。 開発の各機能は、開発者単位に細かく設定できます。 開発する各テーブル、画面、帳票のモジュール単位に参照権限、修正権限を開発者によって制御できます。また、コミット機能によって開発の記録もすべてサーバーに記録して管理すれば、復元することも可能です。
5.価格体系はどうなりますか。
・SaaSForce基盤費用:CPU×コア数でのサーバーライセンスと運用ユーザーライセンス数で算出します。
・EXCEL取込みサービス費用:システム種別数や帳票のインポート・エクスポート数による課金体系です。
※詳細はパートナー企業様、もしくは弊社までお問合せください。
「パートナー企業の一覧ページ」を現在準備中
6.VBからJavaへの移行対応は可能ですか。
弊社はVB製の170以上の画面をWeb画面に2週間で移行した実績があります。 また、VBと同じ構成をもつJavaのライブラリ、VBからJavaへの言語変換ツールを保有しており、大型の移行案件実績がございます。

top