複雑な業務システム構築に最適なシステム開発プラットフォーム

利用方法

お客様の利用環境に応じた利用方法がきっとあります。
ぜひお問い合わせください

®利用方法

1.パブリッククラウド開発環境からパブリッククラウド運用環境に配布

開発

  • 各地の開発者が参加できる
  • 開発権限を個人単位に制御可能
  • 開発モジュールを個人単位に制御可能
  • ソースバージョン管理システムよりコミット・復元可能
  • 管理者のみが、開発したものを一括ダウンロードして保管可能
  • テスト環境(複数作成可能)にて動作確認

配布

  • WFC社により開発ソースを運用環境にアップロード
  • 複数のエンドユーザ企業にアプリを提供できる

2.パブリッククラウド開発環境から自社運用環境に配布

開発

  • 各地の開発者が参加できる
  • 開発権限を個人単位に制御可能
  • 開発モジュールを個人単位に制御可能
  • ソースバージョン管理システムよりコミット・復元可能
  • 管理者のみが開発したものは一括ダウンロードして保管可能
  • テスト環境(複数作成可能)にて動作確認

配布

  • 開発ソースを運用環境にアップロード
  • 運用環境の確認環境(複数作成可能)にて動作確認
  • 複数のエンドユーザー企業にアプリを構築できる
  • 開発環境より、開発物定義体を一括ダウンロードいただき、任意の運用環境にユーザ様自身で移行可能。

3.自社環境で開発・配布(オンプレミス)

開発

  • 各地の開発者が参加できる
  • 開発権限を個人単位に制御可能
  • 開発モジュールを個人単位に制御可能
  • ソースバージョン管理システムよりコミット・復元可能
  • 管理者のみが開発したものは一括ダウンロードして保管可能
  • テスト環境(複数作成可能)にて動作確認

配布

  • 開発ソースを運用環境にアップロード
  • 運用環境の確認環境(複数作成可能)にて動作確認
  • 複数のエンドユーザー企業にアプリを構築できる
  • 自社で準備した環境で開発及び運用環境を整備します。
  • 開発定義体をダウンロードし、別の環境に配布することも可能。

4.開発物を自社運用環境で他社へ使用提供

開発

  • 各地の開発者が参加できる
  • 開発権限を個人単位に制御可能
  • 開発モジュールを個人単位に制御可能
  • ソースバージョン管理システムよりコミット・復元可能
  • 管理者のみが、開発したものを一括ダウンロードして保管可能
  • テスト環境(複数作成可能)にて動作確認

配布

  • 開発ソースを運用環境にアップロード
  • 運用環境の確認環境(複数作成可能)にて動作確認
  • 複数のエンドユーザー企業にアプリを構築できる
  • 自社で準備した環境で開発及び運用環境を整備します。
  • 開発定義体をダウンロードし、別の環境に配布することも可能。

top